相 撲 綱 領

 

 

 

相撲は、迫力とスピード感あふれる近代的スポーツであると同時に、長い歴史と伝統を持った日本の国民的文化でもある。私たちは、相撲を愛し、相撲の鍛練をすることによって、たくましい肉体とねばりづよい精神をつくりあげ、心身ともに立派な人間として社会のために大いに貢献するよう心掛けなければならない。そして又、私たちは、このようなすばらしい相撲を世界中の多くの人々に親しんでもらうように、相撲を世界に広めていくよう努めなければならない。

 

ここに、相撲に携わる者(以下「相撲競技者」という。)として心すべき事項を掲げ、各人の努力精進のよすがとするものである。

 

 

 

○相撲競技者は、常にスポーツマンとしての自覚と誇りを持ち、健康に努め、明るく、正しく生活しなければならない。 

 

○相撲競技者は、相撲を取るに当たっては、技量の向上及び健康の保持増進を旨としなければならない。

 

○相撲競技者は、勝敗にこだわることなく、全力を尽くしたことに喜びを感じるとともに相手の健闘をたたえ、終始礼儀正しく行動しなければならない。

 

○相撲競技者は、競技規則を守り、審判の判定に従い、常にフェアプレーの精神に基づいて競技しなければならない。 

 

○相撲競技者は、体力の優劣にかかわらず、合理的かつ科学的な考え方の下に精進を重ね、個性を発揮しつつ、自己の可能性を不断に追求するよう努めなければならない。

 

○相撲競技者は、積極果断、沈着冷静、不撓不屈、質実剛健な精神力を養うとともに、先輩への敬慕と後輩への慈愛の念、他者への思いやりや周囲への気配り等、豊かな心をはぐくむよう努めなければならない。

 

○相撲競技者は、誰もが相撲に親しみやすく、取り組みやすくなり、国内はもとより海外においても競技者人口が増加していくよう、常に研究及び普及指導に努めなければならない。 

 

ダウンロード
「相撲選手の心がけ(こども版相撲綱領)」
日相連から「相撲選手の心がけ(こども版相撲綱領)」が送付されてきました。
3月の日相連理事会で承認され、日体協にも倫理向上の取り組みとして報告をされたものです。
各地相撲教室でもダウンロードして選手に配布しご活用ください。
相撲選手の心がけ.pdf
PDFファイル 545.1 KB